魔剤を飲んだ木材

ニートの生存確認

ヒカルは昔いじめっ子だった!?

 

お久しぶりです。

今日は初のYouTubeネタです。

 

僕はYouTubeを最近見るようになったんですが、

そこで今人気急上昇中のヒカル

 

f:id:mazaittffgg:20170607204758p:image

 

お祭りのクジに当たりが入ってないことを動画にしたことで登録者が激増したことで有名。

 

そのヒカルが昔いじめっ子だったということを

6年ほど前のアメブロにて公開されてるんです。

 

ヒカルの過去とは…

 

昔流行ったネオヒルズ族、に憧れをもっていてアメブロにて自分の様になる方法みたいなものを公開してたんです。

しかし皆さんもご存知のとうりネオヒルズ族とはマルチ商法の延長線、いわばアム○ェイ、ネズ○構の様なものでネットで情報弱者を食い物にするグレーなものだったのです。

 

そのブランディングの一環として金持ち自慢、人とは違った考え方、社長の考え方みたいなものですね、そういったものをアピールするというものがあります。

 

与沢翼という方が起源みたいな風潮もありましたね。

 

そこに憧れをもったヒカル氏がアメブロにて自分の過去について触れたのがそのアメブロだったのです。

 

http://ameblo.jp/hikarukarisuma/entry-11299872502.html

 

↑これがその記事です。

ぼくはこれを知ったのは今日で、まとめサイトを見ていてたまたま見つけました、

 

2016年10月頃にも話題になっていた様なんですが、その頃は今より知名度も低く話題になりにくかったんでしょうね…

 

 

前置きが長くなりましたが本題です、

上記のアメブロを見てくだされば分かることなんですが、一般的にいじめは良くないことですよね、それをあたかも自分が正義!という風に書いているのです、真面目に勉強して東大まで行ったその生徒とその祖父に対してバカにした風に語っているのです。

 

いろんなまとめサイトでもこの話題はまた最近張り出されてます。

 

いじめ=良くないこと、ではなくいじめ=正義というのがヒカル氏の考えなのでしょうか?

もしそういう考えを持っているとヒカルの視聴者が知っても、多分今のヒカルは視聴者にとって神格化されていて、

過去のヒカルはかっこいい、そんな昔の話をするな、今が大事、学歴コンプレックスは基本誰にでもある、なんていう視聴者の方が多いでしょう、

でも僕はやはりそれは間違っているのではないかと思います、

 

ヒカキンという方が昔、いじめをする方が100パーセント悪いツイートをしたときいろんな人がそうだそうだとコメントしていた様にやはりそうなっていくのが普通じゃないかと思います。